まだ間に合う!?モンスターが「4つ星」の納得価格~!

税金のように!追求すべきだと思いました。何故モンスターマザーは複数の裁判で敗訴して賠償金を命じられているのに!支払い能力がある可能性が高いにもかかわらず!支払わずに普通の生活が送れているのでしょうか。学校は隠蔽体質だからなぁーと…しかし!全てがこれに当てはまる訳ではないんだと!知らない事はこわい事だと改めて思い知らされました。

早速ご紹介!

2017年10月01日 ランキング上位商品↑

モンスターモンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い [ 福田ますみ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

読み進むうちに辛く、気合いを入れつつ読み進むました。そのモヤモヤしていた原因がこの本を見て理解できた。学校現場で何が起きているのか!知る手がかりにもなります。事件については、すでに遠い記憶にあり、「そういえば、あったあった、そんな事件!…でも結局どうなったんだっけ…」という感じでした。以前「でっちあげ」を読んでこんな人間が存在するのかと驚き、腹が立ち、怖くなりました。読み応えあります。弁護士やマスコミと言った!本来なら正義を守る立場の人間の中に!よく事実を確認もせずモンスターの一方的な言い分を信じてしまう人間が多数居たのが!この話の何より怖い所です。(3/9注文→3/14到着)たまたまネットでこの本を知りました。非常識な親にされるがままにならない姿勢が学校にも必要なことを感じさせる一冊本当に怖い実話です。そして!我々も情報を常に疑う姿勢を忘れてはいけない。単なる自己中心的な人を突き抜けて悪魔のような人間いるんだ、いったい何をどうしたかったのか理解に苦しみます。届いてから!2日で一気に読み上げました。一方だけの取材や先入観だけでの偏った報道ではなく、裏付けをしっかり取材して報道する事が真のジャーナリストととしての使命だろう。当時!この事件をTVで見た。正義とは何か?どうして弁護士になろうと思ったのか?初心を思い出して欲しいと思う。おすすめの一冊です。引き込まれ、届いたその日に読み終えた。何とも言えない違和感を感じて見ていた事が思い出された。また、報道は一過性の視聴率重視で終わるのではなく、責任を持ってその事件のてん末を伝える姿勢が重要である。警察が捜査に入るような裁判で無ければ!事実は追求されないなんて理不尽です。とても面白い本でした。自殺した生徒はもちろんですが!加害者とされた生徒達も沢山苦しんで!翻弄されてきたんだろうなと思いました。そう感じさせる一件だ。偏った見方をしていた自分が恥ずかしくなりました。読み進めていく中で!これが本当に現実に起こった事なのかと驚きましたが!でも!なんだかそう遠くない!自分にも起こり得そうな出来事にも感じました。最後に必ず正義は勝つ!の結果に、映画のような爽快感が無いのは、余りに長い時間が経ってしまった事、失われた平穏な生活は戻らない事、何より失われた命は戻らない事があります。それにしても!この事件で出てくる人権派弁護士には驚く。学校関係者!長野県教育委員会!バレー部生徒と保護者!地域が子供達のために勇気をもって真実の追求に努めたこと。必ずや、亡くなられた子供さんの魂に伝わっている事でしょう。自殺に至った核心をもっと詳しく知りたかった。男たちを手玉にとって離婚と再婚を繰り返す毒母に追い詰められていく高校生の息子さんが本当に可哀想です。今回もひどいです。ありがとうございました。秋から始まるドラマのネタ本ではないか、との一部報道を受けて購入しました。子供を追い詰めて死に至らしめても自己反省せず!他人に責任をなすりつける登場人物のような人が身近にもいることもあり!興味深く読みました。最後に、亡くなられた子供さんのご冥福を祈ります。何より自殺に至るまで!出来る限りの援助を子供の為にされたこと。モンスターマザーの提出したノートやメモの信憑性を科学的に確かめる事なども!どうして行われないのか。是非!この事件のてん末を一人でも多くの方々に読んで欲しいと思います。良くぞこれだけの証拠や証言をあつめて検証し纏めて発表してくださいました。タイトルに引きつけられたのと、出産して子を持つ親となった今、事件の詳細やその後がなんだか急に気になり、購入しました。報道の責任は重要だ。既に成人しているであろう次男が母親と縁を切って平穏に暮らしていることを願います。自民党の女性議員の異常な言動が先日、世間を賑わしましたが、この本に登場するお母さんも同じ人種ではないかと思います。。モンスターマザーっぷりを見て…男女関係なくこんな人、いるよなぁ…て思いました。合掌。正直この本を読むまでは、加害者とされた生徒達や学校ばかりが悪いのだと思っていました。最近、自分本意の母親が多いように思います。